本当は怖い保険の世界

いつも閲覧いただきありがとうございます

保険では「知識=力」です

保険の真実を知って、あなたの人生がより良いものになりますように

 

 

 

初めまして。

 

当方は某大手金融機関で銀行員をしております。

資格としてCFP、1級ファイナンシャルプランナー等を保有しており、主に個人のお客様を相手にお仕事をしております。

 

仕事柄、多くの個人のお客様の応対をしてきましたが、特に「生命保険」について損をしている方が多いというのが、実感です。

そもそも入ってはいけないコスパの悪い保険加入、過剰な保険加入、無駄な特約加入が目立ちます。保険は一生かけて支払い、また人生においてそれほど加入の機会が多くないにもかかわらず、保険屋さんのいいなりのままに、非効率な保険に入っているのが実態です。

 

日本人の多くが生命保険に加入しております。一生涯に1000万円近い金額を保険に費やすと言われています。私たちの保険料で、大手保険会社は最高益を更新し、立派なビルを多く保有しています。

 

言い方が悪いかもしれませんが(銀行も同じようなものですが)、生命保険の販売担当者は多くの場合、自分たちの利益を優先します。お客様が本当に良い保険に加入したければ、自分で保険を調べ、保険営業担当に意思を伝え、見積もりを取得し、比較しなければなりません。

保険は同じようで、実態は千差万別です。

 

本ホームページでは、「本当は怖い保険」と題し、私なりに良心に立ち返り、保険の基本、注意点、回避するべき保険や特約を羅列しました。

 

念のため申し上げますが、私は本ホームページで保険を全面批判しているわけではありません。

保険には、リスクヘッジ、税制優遇など、良い面も多くあります。

 

本ホームページで、生命保険の契約をご検討の方が、生命保険の基本を学びつつ、無駄な経済的負荷を避け、ポジティブ且つ合理的に、保険に加入していただけましたら、うれしい限りです。